2種類の知識とスキル

少し前に職場の若手と話をしていて思ったんですが、今の仕事場である程度のITに関する知識や技術ってのは欠かせないものですが、
ソフトウェアやアプリケーションに関してのスキルや知識はそこそこ持っている子はいても、ハードウェアに関する知識やスキルを持っている子があまりいないんですよね。

個人的にはIT系の知識やスキルってのは、アプリやofficeなどのソフトウェア系と、HDD、CPUといったハードウェア系の2種類になると思うんですよ。本来、その両方をバランス良く持っている、ってのが理想的なんでしょうけど、どうも若い衆ってのは、それがソフトウェア系に偏っているんですよね。

まあそれはわからなくもないんですよ。近年のITの世界てのは新しいOSやアプリが矢継ぎ早に出てきますし、それらの最新技術ってのは、まずスマホに使われるというのが最近の風潮のような感じがしていますからね。
どちらかと言えばそちらに耳ざとくなる、というのはわかるんです。

しかしどんなにそういうものに詳しくなったとしても、極端な話ですが、電源が入らなきゃ意味がないわけです。
そういう意味で、2種類の知識やスキルをバランス良く持っているのがベストなのかな、と思うのです。個人単位であれば、広く浅くでいいんですよ。

本当にわからなくなったら、その為にプロがいるんですから、そちらにお任せすればいいんです。最低限のチェックやメンテナンスぐらいはできるようになっていた方が、何かと便利だと思いますよ。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>